コラム

いなくならない季節来遊漁

ダイビングのメッカとして有名な伊豆ですが
最近は、海の中にも変化が見られます。

ひとつは季節来遊漁の越冬です。

季節来遊漁というのは、台風や黒潮に乗って南の海からやって来て、水温が下がると死んでしまう魚たちの総称です。

伊豆で一番水温が下がる2月になると、ほとんど見ることがなくなるはずなのですが、今年は違います。

3月初旬なのに、カラフルなソラスズメダイやオヤビッチャが元気に泳いでいます。
それはまるで、夏の海の様な水中景観。

例年に比べて水温が下がらなかったために、
季節来遊漁たちは越冬したのですね。

このまま水温が上がっていくと、季節来遊漁という言葉もなくなってしまうのかも知れません。

 

 

関連記事一覧